歯医者に行きたいときにどこを受診すればいいのか判断に迷うことがあります。

特に転勤等で始めて行った土地の場合はなおさらです。近隣にはおそらく歯医者が多数存在していて、どこに行くべきか迷うことでしょう。こんなときには、歯医者のホームページなどでその歯医者の雰囲気などを確認するのもよいですが、可能であればスタッフ特に歯科衛生士の数を確認するのがよく、人数が多いところはまず間違いがないので、そこを受診して構わないでしょう。

一方、歯科医師しかいないようなところは避けた方が無難です。歯科衛生士を雇用するだけの儲けがないところですから、つまり腕がよくないから患者が受診に来ないわけです。スタッフが多いところは相応に患者が来ていて、ある程度は儲けが出ているところと見てよいでしょう。儲けがなければ人件費を捻出できません。したがって、歯科衛生士などを雇用しているということで、人件費を相応に捻出できるところつまり患者が相応に来ていることを表します。

こうして治療のための歯医者を探せばいいわけですが、治療以外の歯垢の除去や歯石の掃除などは歯科医師以外の歯科衛生士が行うことが多いため、患者の回転が速いこともあります。治療が終了した後に定期的に歯のメンテナンスに来て欲しいと言われますので、なるべく受診した方がよいでしょう。定期的な歯のチェックをしてもらうことで、健康な歯の維持につながります。高齢になっても自分の歯で噛めることが出来る可能性が高まります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *