最近は、医療関係の仕事に就きたいという人が増えています。

医師や歯科医師、看護師、そして薬剤師などです。中でも最も人気があるのが医師ですが、今はかなり難易度が高く、医学部に行くにはかなり勉強をしなければなりません。その上、私立大学では学費が高いためにハードルが高いものです。それに対して、歯科医師というのはそこまで難易度が高いわけでもないので、わりと入試を突破するのが大変ではないのです。

ただ、医学部同様、歯学部でも私立で学費が高額になるので、躊躇する人もいるくらいです。歯医者になるというのは、大学では歯学部に進学をして6年間専門的な勉強をしていく必要があるのです。実習や実験などもしていきますが、6年間で卒業するころに国家試験を受験して合格する必要があります。合格できれば1年間の研修医としての生活が始まるのです。それが終了すれば、晴れて歯医者として仕事をすることができるようになります。

ちなみに、歯学部というのは国公立大学では6年間で350万円程度の学費で済むのですが、私立大学になると3千万円以上もかかるようなところが多いのです。ですから、少し勉強を頑張って国公立大学を目指すのか、お金がかかっても私立大学を目指すのかということになるでしょう。いずれにしても、しっかりと学んで国家試験に合格する必要があります。歯医者になってしまうと、一生その資格を活かして仕事をすることができるようになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *