虫歯や歯周病などの予防には毎日の正しい歯磨きや定期的な歯科検診なども効果的ですが、毎日とる食事を工夫するようにすることでも虫歯や歯周病を予防して口内の健康を維持していくことができます。

食事で歯の健康を維持するためには、歯科医がすすめる歯に良い食べ物を毎日の食事に取り入れるようにすると良いです。歯科医がすすめる食べ物とは、リンゴ、いちご、パイナップル、ブロッコリー、ゴマ、しょうが、セロリ、ナッツ類、乳製品などの食品です。なぜ、それらの食品を歯科医がすすめるのかと言うとリンゴには歯のエナメル質を強くするために必要となるビタミンAが豊富に含まれるからです。

リンゴに含まれるリンゴ酸はピーリング剤にも用いられている成分でもあり、歯の色素沈着や黄ばみなどを落とす効果が期待できますしリンゴには殺菌、抗炎症作用もあるため口臭対策にもおすすめなのです。いちごにはキシリトールが含まれています。このキシリトールには歯のくすみをとる効果がありますし、いちごにもリンゴ酸が豊富に含まれています。パイナップルにはたんぱく質を分解するパパインが豊富ですし、ブロッコリーには歯に大切な鉄分、ビタミンCが豊富です。

またゴマには活性酸素を抑えるセサミンが、しょうがには抗炎症作用や抗酸化作用、消炎、鎮痛効果などがあるショウガオールが豊富ですし、セロリには唾液の分泌を促進する効果があります。ナッツ対は骨の成長や唾液の分泌を促進する効果があり、乳製品に含まれる乳酸菌には歯の衰えを予防する効果があります。これらをバランスよく毎日の食事に取り入れることで口内の健康維持に役立てることができます。
渋谷の歯科のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *