歯が痛くなって仕方なく歯医者さんへ行くと、虫歯ができていて、歯を削って銀歯を入れたという苦い経験を持つ人は意外と多いものです。

歯医者さんの独特の匂いや、削る音を考えるだけで身震いがする人もいます。虫歯はドリルで削るという治療が一般的でしたが、最近の新しい治療ではドリルを使わないものも登場しました。例えば、レーザーを使うことで高温の熱で虫歯を焼くことができるので、削らなくても治すことができます。また、虫歯を殺菌する薬もあり、虫歯の部分に塗るだけという痛みを伴わない治療もあります。すべての歯科医院で行われているわけてではないので、治療を希望する場合はあらかじめ調べてから行くようにしましょう。

また、レーザーや虫歯の殺菌する薬は保険が適用されません。そして、歯科医院で歯がなくなってしまった患者さんには今まで入れ歯治療が行われていました。入れ歯は口の状態に合わせてオーダーメードで作られますが、外れやすかったり、痛みがあり噛みにくいなどのデメリットが多くありました。そこで、歯のないところにインプラントを埋め込み、自分の歯のように噛める治療が普及しています。インプラントも、実施している歯科医院は限られていますが、確実に提供している歯科医院は増えています。

噛めない、食べられないという悩みを解消するだけでなく、入れ歯のバネもないので、見た目もきれいになるというメリットもあります。苦手意識を持つ患者さんが多くいますが、歯科医院の新しい治療をうまく活用することで快適に治療を受けることができます。
渋谷の歯科のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *