子供も大人も、虫歯になれば歯医者さんへ行って削ってもらえばいいという考え方があります。

しかし、国内には歯科一般を扱う歯医者さんと、小児歯科を扱う歯医者さんがあります。小児歯科というのは、その名の通り子供を対象としています。子供のお口の中は、何も生えていない赤ちゃんから乳歯が生え、永久歯に生えかわると常に様子が変わっています。特に問題ないから歯科を受診しないのではなく、状態に合わせた健診を受けることで、将来のお口の健康につながります。例えば、小児歯科へ行くとお口の中のチェックが行われます。

虫歯の有無や、歯並びの状態に加えて、指しゃぶりなどの癖や食生活も把握します。指しゃぶりを続けていると、歯並びに悪い影響が出てしまいますが、早い段階で癖を改善することで回避することができます。甘い物の食べ過ぎなど、食べる内容もお口の健康のチェックには欠かせません。小児歯科では、個人に合わせた歯磨き指導を行います。小さな頃から適切な歯磨きのやり方を知っていると、大人になっても習慣としてきれいな状態に磨くことができます。

これは、虫歯や歯周病になるリスクを激減させることにつながり、将来にわたって健康な歯で過ごせるようになります。歯並びが悪いときも、成長途中の子供ならではの、顎の発育を利用した治療が可能です。これにより、抜歯しないでも矯正できる確率が高くなり、歯にワイヤーをかけるなどの大掛かりな治療を必要とせずに、歯並びをきれいにできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *