歯医者の中で小児歯科も今までの虫歯治療だけではなく、徐々に虫歯を予防する予防歯科へとシフトしつつあります。

これには原因があり、乳歯の生え替わり時期などに気になる親が多く、虫歯にならないようにするためにはどうすればいいのかなどを歯医者に相談しに行くことが増えていることが、その要因の一つになっていると言われているところです。乳歯の生え替わり時期は特に磨き残しが多く、虫歯になりやすいために親が注意してしっかりと歯磨きをするようになってきています。

虫歯にならないように早め早めに対処するようにしていることから、小児歯科にあっても虫歯で受診しに来る人よりは予防するために受診しに来ているということで、子供への対応がうまくなっている小児歯科も多いとされています。歯医者側でも生き残りをかけて、様々な治療法や最新の情報などを積極的に取り入れて、患者の獲得に余念がありません。また、こうした活動をしないと、他の歯医者に患者をとられてしまうという危機感があるのも事実でしょう。

なるべく様々な年代層に対応が出来ればそれに越したことはないのでしょうが、独立開業医の場合はそこまでなかなか出来る人はいませんし、もしそれを実行しようと思えば、規模を大きくしなければなりません。開業するまでに相応に借金を抱える人が多い現状で、さらに資金を供出できるところが多いとは考えにくく、患者の獲得のために歯医者が何をしなければいけないのか、難しいところに来ていると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *