歯科技術の開発の進展は著しいものがあり、少し前の時代には不可能であると一般には思われていたようなことが現実に実現されてきています。

虫歯の治療と言えば歯をドリルで削って神経を取り出し、適切な形に成形した後で銀歯を取り付けるものであるというのが多くの人の認識でした。しかし、現在では痛みがないのであれば神経を取り出すこともなく、できるだけ歯を削らずに埋めるというのがスタンダードになってきています。その基剤も銀歯となる合金だけでなく、樹脂も用いられるようになっており、見た目では治療したとは思えないような歯を取り戻すことも可能になっています。

虫歯治療を一つとってもこういった技術の発展が驚くべき早さで進むことから、歯医者は新しい技術を積極的に取り入れて行く努力をしなければ淘汰されてしまっていく可能性があります。しかし、実際には特に開業医が新たに技術を身につけることには困難があり、自分が独立する前に教わった技術のみで営業を続けている場合も少なくありません。

そのため、患者側としては歯医者を比較して新しい技術を取り入れていっているかどうかということを確認することが大切です。新しく開設された歯医者では比較を行うまでもなく新しい技術が取り入れられていることが多くて利用する価値が高いものの、経験が浅い若い医者が多いのも事実です。古くから営業している歯医者と比較して昔からの技術を必要とした場合には劣る可能性はあることも考慮することは大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *