少し前の時代までは街の中に歯医者の数はそれほど多くなかったため、最も近くのものを選んでも車やバスを使って移動しなければならないということ喪珍しくはありませんでした。

そのため、その歯医者がよほど悪い治療を行う人でなければ他と比較してよりよい場所を選ぼうという気持ちが起きないのが典型的なものでした。しかし、近年になって急速に歯科の開業医が増えたことから立場が逆転する状況ができており、近所にあるいくつもの歯医者を比較して行きたいところを選べるという状況になっています。

いわば売手市場から買手市場に切り替わったため、歯科は充実したサービスを提供することによって顧客の獲得に励まなければならなくなり、患者はより自分に合った歯科を選ぶ権利が与えられた状況にあるのが現代の歯科業界です。しかし、細かな点になると素人である患者にとっては比較が難しいことから、通常注目されるのはアクセスの良さと営業日や営業時間が自分のスケジュールと合っているかという点になる傾向があります。

それに加えて口コミ情報が得られれば医師の説明の丁寧さやわかりやすさといった点が比較の際に考慮されるというのが一般的です。実際に通ったときの印象としてスタッフの態度も重要になることも多く、そういった多様な面を見てより快適に利用できることが歯医者に求められる時代となっています。そういったサービスの充実が歯医者にとっては生き残りをかけて注力しなければならない点となっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *