歯の治療で被せ物を使用するとき、アレルギーがある人は金属が使えません。

審美性を高めたいとき、部分的に金属が使われているセラミックだと透明度がなく、歯茎の色も金属によって血色が悪いように見える場合があります。渋谷の歯科クリニックでは、被せ物には金属が必要ないオールセラミックで治療が行われる事が多くなっていて、最も審美性を高めることが可能なジルコニアが使われることも多くなりました。ジルコニアは耐熱性があって、天然の歯の色と同等の自然な白さが魅力の素材です。

強度がとても高いので、金属を使わなくても歯の形を維持することができて、負荷のかかりやすい奥歯の治療にも使うことができる特徴があります。もともと医療の分野でジルコニアは活用されていて、人工股関節にも使われてきました。昔のセラミックは長年使用を続けると劣化が見られていましたが、人工ダイヤモンドとしても使用されるジルコニアは、問題なく長期的に使用が可能です。渋谷の歯科でジルコニアによる治療は多くのクリニックが採用していますが、歯茎との境目が自然だったりもともとある歯と違和感なく揃えられたりするのは高い技術がある場合です。

どんなにすぐれた素材で歯を作ったとしても、それをかぶせる技術が悪ければ違和感が残る歯に仕上がってしまいます。デザインはコンピューターで行われ、それに合わせて技工士が作り上げていくので、技工士の技術も大切です。せっかくジルコニアを使い白く美しい歯を取り戻したとしても、定期的なメンテナンスを怠ってしまうと自分の歯との色の変化が著しく現れるようになってしまいます。虫歯や歯周病などで痛みがない場合でも渋谷の歯科を訪れ、色合いのバランスが上手くとれるようホワイトニングなどのケアを行ったほうが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *