自分でできる蛇口の水漏れ修理

ある日突然、蛇口から水漏れがしてしっかりとしめているのに水滴がとまらなかったり、蛇口の上部や下部、つなぎ目などから水漏れがしてくることがあります。

水道は使用頻度が高く、水圧もかかるため、丈夫に作られているのですが長く使っていると次第に劣化して水漏れがおきてきます。蛇口をしっかりとしめているのに、ぽたぽたと水滴が落ちてくる、しめてからしばらくたつと時折細く水が流れるという場合には、内側に入っているパッキンが劣化している可能性が高いです。パッキンは、ホームセンターなどで購入することができ、自分でできる蛇口の水漏れ修理です。

水道修理をしたことが無い人や機械が苦手な人でも、比較的簡単にできる修理で、元栓を閉めておけば急に水が出てくる心配もないので落ち着いて取り組むことができます。部品をひとつずつ外して、古くなったパッキンを取り出し交換するだけの作業です。

外した部品が分からなくならないように、順番に置いていくことがコツで、外した順番の逆の順番で組み立てていけばできます。心配な人は、ひとつの部品を外すごとに携帯などで写真を撮っておくと安心ですが、部品の数も少なく、構造がシンプルなので、落ち着いてさえいれば多くの人が難しさを感じない作業です。パッキンを交換しても水漏れがとまらない時やつなぎ目などから水がしみだしてくるとき、自分で修理をする自信がない時には、症状が進行する前に早めに修理業者に依頼をすることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *