蛇口からの水漏れに気付いたときにおすすめの修理

蛇口をしっかりとしめたはずなのに、水がぽたぽたと滴ってくる、レバーの付け根や蛇口本体から水がしみだしてくる、水道のまわりがいつの間にか湿っている、という時には本体や内側の部品が劣化しているサインです。

しっかりと占めたはずなのに、水がぽたぽたと滴ってくる時には、パッキンと呼ばれる部分が劣化している可能性があり、比較的簡単に修理することができる水漏れです。経験がある人なら元栓をしめてパッキンを交換することによって自分で直すことができますし、修理業者に依頼をしても安い値段で修理をすることが可能な部分です。パッキンを交換しても水漏れがとまらない、という時には本体や内側の部品の他の部分が劣化している可能性があります。

水漏れを止めるためには、業者に見てもらって原因を特定することが大切で、部品の交換などをすることで直すことができる場合が多いです。部品の交換が必要な水漏れがおきている場合、多くが10年以上使っている蛇口なので、修理をしても再び別の部分が劣化によって故障することもあります。

長く使っている蛇口の水漏れの場合には、修理をするのも良いのですが、思い切って本体の交換をすることもおすすめです。最近ではシャワー付きや浄水機能付きなど高性能で、汚れが付きにくい物が増えてきています。見た目もきれいになり使いやすくなるので、経年劣化による故障が予想される古い蛇口を使っている場合には、本体の交換も含めて検討することをおすすめします。
蛇口の漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *