蛇口の水漏れを上手に修理する方法

キッチンや洗面所、お風呂などにある蛇口は、長く使っている水漏れをすることがあります。

蛇口をしっかりとしめたはずなのに水がぽたぽたと滴ってくる、日を追うごとにだんだんと水滴が増えている、細く水が出て止まらないなどの症状がある場合には、パッキンが劣化している可能性が高いです。パッキンの交換は、元栓をとめてから、分解して交換することができ、慣れた人なら自分で修理することが可能な箇所です。

新しいタイプの水栓でも慣れてしまえば、自分でできることがあります。自分で修理をしたことが無い、自信が無い、分からないという場合には、費用は安いので水道修理の専門業者に頼んで、水を無駄にしないように早めに直してしまいましょう。蛇口の水漏れの中には、根元から水がしみだしてくる、ねじで締まっているところから水が滴っているなど、普通は水が出てこないはずのところから水が漏れてくる場合があります。

パッキンを交換してみてなおるようならよいのですが、止まらない場合には他の部分の部品が劣化している可能性が高いです。劣化している部分を交換する必要があり、修理をしなければ自然になおることはありません。水を無駄にしないためにも早めに修理をすることをおすすめします。長年使っている蛇口の場合には、一か所を直しても他の部分も同じように経年劣化しているため、直しても再び故障しやすい時期を迎えていることもあるため、交換も考えてみることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *