京都で浴槽つまりが起こった場合の解消法

毎日のお風呂は一日の疲れを癒してくれる最高のひと時です。

様々なお風呂用品が販売されており、それらを購入して楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。ところで、毎日使うお風呂だからこそ、トラブルも起きやすい傾向があります。たとえば、浴槽つまりです。栓を抜いても、何となく流れは悪いと感じたり、あるいは全く流れていかないという場合は、排水管のどこかでつまってしまっている可能性が高いです。つまりの原因となっているのは、髪の毛が多いです。

京都にお住いの方で、もしこのような浴槽つまりが起こってしまったとき、どのように対処したら良いのか、自分でもできる浴槽つまりの解消法を紹介しましょう。まず、ラバーカップを試してみましょう。ラバーカップはトイレがつまったときに使うことが多いのですが、排水管の中の水を撹拌させて、つまっているものを流します。ラバーカップはといれつまりのときも活躍するので、一つ持っておくと安心です。

次にワイヤーブラシやスネイクと呼ばれる特殊な器具を使って排水口に詰まった汚れをかき出してみましょう。最後に、パイプクリーナーを使って溶かす方法です。これらの方法を駆使すれば、たいていの浴槽つまりは解消するはずですが、それでも解決できない場合は、プロに依頼するしかありません。排水管の奥の方でつまっている可能性があります。京都市内には、排水管のつまりを解消してくれるプロの会社は多数あり、ネットで簡単に調べることができます。できれば費用が安く、京都でも評判の良いお店を選ぶことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *