脱水のトラブルを避けるための飲み方

人の体は適切にお水を飲みトラブルを起こさないようにしないと、思わぬ健康被害が起きることがあります。

夏場には注意する人が多いですが、冬場でも暖房器具で暖められた体は喉の渇きを覚えることがあり、しっかりと補給しないといけません。喉の渇きを覚える状態はすでに脱水のトラブルが体に起きてしまっている状態で、体が危機を感じている証拠です。細胞や体の機能が正常に働くためには体内のバランスを崩さず、水分不足のトラブルが起きないようにしなければなりません。便秘や老廃物が体内にたまるのも、不足が影響している場合があります。口の中や喉が乾燥しすぎると雑菌の繁殖やウイルスの侵入を許しやすくなってしまうので、風邪に注意したいときには、こまめに補給することが必要です。

血液のドロドロなどで不調を起こさないためにも、1日2リットル以上は飲んだほうがいいと考えられています。一度に飲むのは大変ですが、こまめに摂取すれば問題なく飲める量です。普段、カルシウムやマグネシウムあるいはカリウムなどの摂取が少ない人は、ミネラルウォーターから得る方法があります。しかし硬度が変わることでお腹が緩くなってしまう人もいるため、注意して選ぶ必要があります。健康を考えて摂取する水で、トラブルが起きてはよくありません。お茶とかコーヒーに紅茶、お酒なども喉を潤すことができますが、カフェインや利尿作用で体調に変化が出る人もいます。補給することを考えたらスポーツドリンクとか、吸収しやすいように電解質と糖質のバランスを良くしてある水が、トラブルを避けるのに適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *