京都の蛇口からの水漏れの原因や解消の仕方

京都の水漏れトラブルが多い一つに蛇口があり、レバーの不具合などで交換すればよいわけでもないです。

最近は、シングルレバーやダブルハンドルなどの混合水栓などや、キッチン・浴室・洗面台・庭などにも色々なものが使われてます。見た目が単純に見えても同じ部品が使えるわけでもなく、取りつけられている個所や用途次第で内部の構造も違い、パッキンのサイズも異なるので修理は難しいです。確実に素早く、効率よく取り換えるには、水が出たままなのか、それとも出ないのかやハンドルやレバーが動かないのかなど症状をしっかりと把握してから行う必要があります。間違った方法で修理をすると、パッキンやカートリッジ交換だけですんだのに、症状が逆に酷くなって新しい水栓などを買う羽目になって余計な費用がかかります。

京都の蛇口で水漏れなどの問題が起きて、自分での判断が難しいなら専門の業者へ依頼したほうが良いです。京都で水漏れが起きる場合、蛇口付近・根本・ハンドルやレバー部分などどこから漏れているかを確認します。その時は一度水道の元栓を締めてから確認し、交換作業や取り換えるときは水栓を取り外すので止水栓がない状態になって、止水栓を締めないと水が溢れてきて作業や修理が出来ません。

漏れている個所と状態を確認したら、次に何が原因なのかを把握するために水栓などを分解しますがこの時も説明書などを確認して行います。もし間違った方法で行うと、そのあと元に戻すときに水栓の役割が機能しないで漏れが激しくなったり、止まらなくなります。ダブルハンドルなどの混合水栓やシャワーヘッドタイプだと構造が複雑なので難しいです。無理をして自分ですると大きなトラブルに繋がるので、自分だと無理だと判断したら修理業者へ依頼したほうが確実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *