漏れと詰まりの原因でありがちな事

トイレや流し台等が詰まりを起こしたり、漏れてしまうトラブルは色々な意味で被害が大きくなる物です。

ただ、特定のポイントを押さえておけば相応に予防が出来る事でもあります。まず、水溶性の物以外を排水溝に流さない事と、水溶性の物であっても1度に大量に流さない事は厳守事項と思って下さい。例えば、シャンプーの詰め替え作業中だったり、身だしなみを整えている最中等で、キャップや剃刀の類やビニール片を排水溝に吸い込ませてしまう事故は多いです。場合によっては、そのまま流れてしまう事もありますが、その逆にしっかり詰まり水を堰き止めてしまう事もあります。髪や紙片の類等も同様で場合によっては耐水性が非常に強力で詰まりの他にも、漏れに繋がる事もありますので、水溶性の物以外は決して流さない様に注意して下さい。

定期的にパイプに専用洗剤を流す事で、有機物の類ならば溶かせる見込みもありますが、大きければ洗剤が溶かしきれませんし、パイプの破損による漏れに繋がる事もあります。予防策としては、排水溝に物を落としかねない作業中は排水溝をしっかり閉鎖しておく事です。ちなみに、水溶性であっても決して油断は出来ません。トイレトラブル等でありがちですが、1度に処理しようと思ってトイレットペーパーを使い過ぎたりすれば、やはり許容限界という事で漏れて溢れてしまう事は多いです。

出来るだけ小まめに流す等、しっかりタイミングを調整する事が必須と言えます。ちなみに最悪の場合に備えて、トイレから直に手が届く範囲に詰まり対策用のラバーカップや、廃棄可能の使い捨て雑巾、殺菌剤にビニール袋を準備しておくというのも重要です。トイレでの漏れトラブルでは、対処道具を手に入れる為に汚れたまま歩き回る羽目になる事も多いので、それを最小限にする為にはこういった準備をしておいた方が安定します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *