排水口つまりを京都で解消する

京都で台所の排水口つまりに悩んでいる人もいるかもしれません。

排水口つまりはさまざまな原因が考えられますが、油脂や洗剤、食材のカスなどが原因となっていることが多いです。普段から掃除をしていればつまりが発生する可能性は少ないでしょう。しかし、年数が経過しているとつまりが起こりやすいと言われています。京都で排水口つまりが発生した場合、まずはタオルとお湯を使って直す方法を試してみましょう。まずは排水口の排水トラップを外し、排水管の入り口にタオルを詰めます。シンクに50~60度のお湯を溜めたらタオルを一気に引き抜くという方法です。ちょっとしたつまりならこの方法で解消できることが多いです。この方法でつまりを解消できた場合、パイプクリーナーを使うとさらに効果がアップします。

京都で排水口つまりが発生した場合、ペットボトルを使って解消する方法もあります。基本的にはペットボトルを凹ませるだけですが、コツがあるので確認しておきましょう。まずは排水口の排水トラップを外し、排水管とペットボトルの口の部分をきっちり合わせます。そして、ペットボトルを何度か凹ませるという方法です。この方法を試す時のポイントは、排水管とペットボトルの口を隙間なくきちんと合わせるということです。隙間があると上手くいかないことがあるので注意が必要です。上手く排水口つまりが解消できないという場合、ペットボトルの周りにタオルを巻いておくと安定するかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *