水漏れの修理は自分で行えるか

ポタポタと水道管から水が漏れている音は家中に響きます。

いくら蛇口をしっかりしめても水漏れは解決しません。ちりも積もれば山となるように、少量に見える水もそのうちバケツ一杯になります。そうなると水道料金の方も気になるでしょう。水漏れの原因にはいくつかあります。その一つは水道パッキンが古くなることです。パッキンの役目は水道管のパーツ同士を密着させることであり、圧力鍋のパッキンと同じ働きをします。ゴムでできているため、時間とともに弱くなってきます。

パッキンが古くなることで劣化して隙間ができ、そこから水漏れします。自分で修理することはできるでしょうか。簡単に言えばパッキンを取り換えるだけで修理することができます。蛇口部分を開けて、新しいものと交換すれば修理は完了です。注意が必要な点はパーツのサイズを間違えないことです。蛇口の形や口径にあったものを購入するようにしましょう。少しでも隙間があると漏れてしまいます。

作業自体はそれほど難しくありません。パーツはホームセンターで購入できますがサイズを間違えないよう注意が必要です。現物を持っていくなら間違えません。他にも修理には蛇口を開けるための道具が必要です。恐らく一度しか使わない道具を買うことは気が引けるかもしれません。しっかり閉められているため力も必要です。そのようなときは無理をして開けるなら壊れてしまいます。力任せに開けようとうするとけがをすることにもなりかねません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *