おせち料理で我が家の味を伝承

subpage01

おせち料理は、家でつくる人もいれば、お店で買ったり、ネット上で注文する人もいらっしゃるでしょう。

近年、百貨店では、試食会を開催するなど、おせち商戦も活発化しています。

食卓を華やかに彩り、お正月らしさを実感できる料理の代表です。

もともと季節の変わり目の節句に、神様に供えた料理でした。

おせち関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

しかしお正月が1番大切な節句なので、次第にお正月に食べる料理として定着したのです。

年神様へのお供え料理でもあり、家族の幸せ・健康を願う縁起のいい料理でもあります。

皆さんはおせち料理のいわれをご存知でしょうか。



それぞれの料理には、いわれや、おめでたい意味があります。
では、それぞれの料理ごとに意味をみていきましょう。


黒豆はマメに元気に働けますように、紅白蒲鉾の紅はめでたさ&慶びで、白は神聖を表しています。


昆布巻は喜ぶの言葉にかけて健康長寿でいられますように、数の子は子宝と子孫繁栄を祈って、ごぼうは細く長く幸せに、栗きんとんは勝ち栗と言って縁起が良いと言われているから、海老は長生きの象徴です。



来年のお正月、皆さんは誰と、どこでどのように過ごしますか。

家族で実家に帰り親戚と一緒に食卓を囲む人や、夫婦2人みずいらすで過ごす人もいるでしょう。いろいろな過ごし方があるのがお正月です。

また、おせち料理も、それぞれの作り方や、飾り方があるでしょう。

おせちを食べる人が年々、減っていると言いますが、今度のお正月は手づくりで食べてみませんか。

年を重ねるごとに、我が家の味を伝承していきましょう。