最近話題のおせち事情

subpage1

おせちというと、忙しい正月に台所に立たなくていいように、年末に家庭で作るものでした。

日持ちのする昆布巻きや栗きんとん、黒豆などをお重に詰めて、年明けに家族みんなで囲んで食べる習慣がありました。


しかし、最近はご家庭でおせちを作る習慣は薄れていき、今や、百貨店やコンビニでも購入できるようになりました。

基本も充実したおせちサイトで情報を入手してみて下さい。

昔ながらのメニューを詰めたものもありますし、新しいタイプのおせちもあります。
まず、おせちというと和食のイメージでしたが、最新のものは和食だけでなく、洋食のものもあります。

伊勢エビのグラタンに野菜のテリーヌ、ローストビーフやマリネを詰めたものもあります。また、和食は和食でも老舗旅館や有名料理人が作るものもあります。



そのため、コストはかかりますが、作るよりも購入するという方が増えています。


また、この機会に今まで食べたことのない老舗の味を食べたいという方もいます。



また、逆に低コストのものもあり、わざわざ忙しい年末に作るよりも購入して簡単に済ませたいという方もいます。

また、家族が2、3人の場合は大きなお重を用意しても食べ切れないことがありますが、少人数用のものもあるのでご家庭に合ったサイズを用意することができます。このように、最近のおせちは作るというよりも購入するタイプが増えています。


また、種類も豊富なのでその中からご家庭に合ったタイプを選ぶことができます。


ただ、人気のものはすぐに売り切れてしまうので、お目当てのものがある場合は早めに予約することをおすすめします。

おせちの注目情報

subpage2

おせち料理とはその歴史は古く紀元前2から3世紀には始まっていたと考えられています。季節の節目に神様に感謝し、収穫したものを供えてそれを食べたのが始まりです。...

next

これからのおせち

subpage3

正月に食べる縁起の良い食べ物がおせちです。おせちはもともと季節の変わり目である節に神様のお供え物をして、宴を開くという宮中行事に用いられていた料理になります。...

next

読めば解るおせち

subpage4

おせち料理は、家でつくる人もいれば、お店で買ったり、ネット上で注文する人もいらっしゃるでしょう。近年、百貨店では、試食会を開催するなど、おせち商戦も活発化しています。...

next

おせちの納得の事実

subpage5

お正月と言えば、門松や鏡餅に羽根突きなどさまざまなイメージが浮かぶと思いますが、その中でも特におせちは外せません。おせち料理は地域によって様々で、その土地独特の郷土料理を楽しめるものでもあります。...

next